転職に最適なタイミングはイマ!転職活動の知られざるメリット

仕事・キャリア

こんにちは。Sugurupapaです。

会社員としてなんとなく毎日を過ごす中で、こんな事を考えていたりしまませんか?

会社員
会社員

ほんとうに60歳までこの会社にいていいのかな…
転職っていつ頃するモノなんだろう…



実は、こんな時こそ転職を本気で考える最高のタイミングなのです。

この記事を読むと、その理由と転職活動の知られざるメリットを知ることができます。

転職に最適なタイミングがイマの理由

転職に最適なタイミングがイマの理由は、マジメに考えるとタイミングなんてないからです。

各年齢層における一般的な気持ちの変化をを下にまとめました。

23~25歳(新卒1~3年目):最低3年は会社にいた方が良いとアドバイスされる
26~28歳(新卒4~6年目):まだ経験が足りないという自覚が芽生える
29~32歳(新卒7~10年目):責任ある仕事を任されて、辞めにくくなる
33~39歳(新卒11~17年目):結婚や育児で守る者ができて、リスクを取りにくくなる
40歳~(新卒18年目~):リタイアを考え始め、転職する気力もなくなる

いつ転職すべきなのか、まったくわかりません。

だからこそ、転職が頭によぎったイマこそ、行動を開始するベストな瞬間なのです。

転職活動なんてめんどくさいと感じられた方は、転職活動でめんどくさい事を時短できる7つの工夫を読んでみてください。

転職活動の知られざる3つのメリット

転職活動は忙しいなどマイナスの側面に注目されがちですが、もちろんプラスの側面もあります。

ここからは、会社の人が教えてくれない転職活動の知られざる3つのメリットをお伝えします。

視野が広がる

1つ目に、視野が広がります。

現在勤める会社で一生懸命やってきたあなたにとって、新しい業界や企業について知ることでさまざまな発見があるはずです。

企業によって、働き方もカルチャーもまさに十人十色です。

いろんな企業に目を向けることで、歩んでいきたいキャリアのイメージが明確になっていくでしょう。

自分の市場価値がつかめる

2つ目に、自分の市場価値がつかめます。

転職未経験の場合、働きぶりに対する評価は勤務先の上司からのみ与えられてきたはずです。

転職活動によって、自分の経験やスキルが外部の企業から評価してもらえるか、いくらの給料を提示してもらえるのかが明確にわかります。

時には厳しい評価を受けるかもしれませんが、リングに上がらなければ自分の市場価値は永遠にわからず、いざという時に焦ることになります。

転職活動は途中でやめてもOK

3つ目に、転職活動は途中でやめてもOKです。

選考の結果、本当に働きたい企業から内定をもらえなければ転職しないという選択肢もあります。

自分の働きたい企業が求める経験やスキルを把握できれば、転職しなくても目的意識を持って日々の仕事や自己研鑽に励むことができます。


自信がついた時、また再チャレンジすればいいのです。

転職活動に1回きりというルールはありません。

さいごに

本記事では、転職に最適なタイミングがイマの理由と転職活動の知られざるメリットを解説しました。

転職することがあなたのGOALではないはずです。

理想のキャリアプランが明確になり、歩みを進めていければ、転職有無にかかわらず転職活動は大成功です。

あなたのキャリアが輝かしいものになることを心から願っています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

Sugurupapa


P.S.
この記事を少しでも「いいな」と感じていただけましたら、
下のランキングバナーを1回クリックしていただけますと嬉しいです。
あなたの応援がわたしの励みになリます^^

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました